いじめ防止

Nottingham 包括的な、学校全体のいじめ防止および介入プログラムがあります。 これは、子供委員会によって開発された第5段階の資料に基づいた、K-XNUMX年生の生徒のための証拠に基づくプログラムです。 すべてのスタッフと保護者は、いじめを報告する子供たちの話に注意深く耳を傾け、状況がプログラムのいじめの定義を満たしているかどうかを判断するためにいくつかの基本的な質問をすることをお勧めします。 意図的な無礼でいじめ行為はすべて真剣に受け止められます。 いじめの状況を知っている人(生徒または保護者)には、教室の先生、カウンセラー、または管理者に報告してもらい、すべてのスタッフがいじめ防止のトレーニングを受けます。 学校はXNUMX月にいじめ防止月間を祝います。 Nottingham UnityDayに参加 http://www.pacer.org/bullying/nbpm/unity-day.asp

防止

すべての生徒、スタッフ、保護者/保護者がいじめとは同じ定義を使用することが重要です。 Nottingham 子供のための委員会からの第1ステップの定義を使用します。 いじめとは、次のような行動です。 2)故意に; 3)不公平または一方的な; 4)何度も繰り返される(繰り返される)。 いじめは、口頭、感情的、人に対する身体的、財産に対する身体的、または排除を伴う可能性があります。 いじめは、直接またはオンラインで発生する可能性があります。 生徒はいじめのXNUMXつのRを教えられます。

  • 認識-いじめの内容(およびいじめの内容)を把握する
  • 拒否-安全だと感じた場合は、自分自身または仲間のために固執する
  • レポート–いじめは権力に関するものであり、いじめの発生を防ぐには大人の助けが必要です。 報告は、タットリングと同じではありません。

Second Step Bullying Unitの詳細については、http://www.secondstep.org/bullying-preventionを参照してください。デジタル市民権およびサイバーいじめに利用される別のリソースは 常識メディア。 3年生から5年生の生徒が教えられます:

  • 応答したり報復したりしないでください。
  • いじめている人をブロックします。
  • いじめメッセージを保存して印刷します。
  • 友人と話します。
  • 信頼できる大人に伝える

Common SenseMediaの詳細については https://www.commonsensemedia.org/cyberbullyin子供がいじめられたと信じている生徒と保護者は、最も快適に感じる学校のスタッフに報告することができます。 ジョーンズ氏に報告するために、両親は703-228-2302(オフィス)に秘密のボイスメールを残すか、mark.jones2 @ apsva.usに電子メールを送ることができます。